特定非営利活動法人 コスモス経営塾

<<次の記事 前の記事>>

「次世代経営研究講座(成田会場)・第6回」を開催しました!

 8月9日(木)、成田U-シティホテルにて、次世代経営研究講座 第6回 『顧客価値創造のプロセス』 を開催いたしました。
 5社24名の方にご参加をいただき、プロセスの基本的な知識と全体の流れを理解しながら、通常業務を見直すプロセス改善策を考えました。価値あるプロセスを作り出すためには、全体を理解した環境適応能力を磨き、社員が顧客からの真の声をつかむ感性を得る努力をすることや、長い間価値を生まないプロセスについては削ることも重要であることがわかりました。
 今回は身近なテーマでとても分かりやすく面白いという他に、焦点を定められず一番難しいなどそれぞれに感想の異なる講座となりました。

【会場の様子】


参加者アンケートの集計結果は<続き▽>をご覧ください。
「次世代経営研究講座 成田会場(第6回)」アンケート集計結果(抜粋)

1.第6回講座全般の感想はいかがでしたか。
 参加して大変よかった   10票
 参加してよかった      12票
 どちらともいえない       0票
 あまり役に立ちそうもない   0票
 無回答              2票
 
2.第6回講座の内容・進め方・ボリューム等の感想をご記入ください。
・今回が初めての参加でした。濃い内容で当社の問題点に気づくことができました。
・プロセスにも機能別に存在する。販売プロセスだけに取り組む傾向にある自分には参考になりました。
・お客様から会社(自分)がビジネスパートナーに思われているのかどうか。
・ビジネスパートナーについてもっと聞きたかったです。
・ボリューム、内容も分かりやすい。
・今までの講座の中で一番難しく感じられた。進め方、ボリュームは常にテンポ良く自身に置き換えることができるような捕捉になっており、良かったです。
・一番難しく焦点が定まらない課題であり討論内容となってしまった。規模が大きい分ターゲット(プロセスのボトルネック)を見つけ出し話し合うものと理解した。
・初めて出席できました。当初理解しにくい部分(自分に置き換えにくい部分)がありましたが、議論をしフィードバックをいただく中で面白さを感じました。
・身近なテーマを上げてくれるのでとてもわかりやすかったです。
・組織変革のマネジメント体系についての理解が進みました。目的設定のプロセス、戦略策定のプロセス、実行プロセスを全体最適の考え方でとらえていくこと。
・大変バランスよく理解しやすかったです。
・話し合う時間が多く、色々な議論ができました。
・事例を出しつつの講義がわかりやすい。
・強み、弱みを理解し、今後の営業に活かしたい。

3.講座の中で有意義であったこと・御社で実践してみたいことがあればご記入ください。
・顧客ニーズを真剣に取り込まなければいけないことを痛感した。現状はできることはしているが本気ではない。
・実行プロセスの見直し。
・接客として気配り、目配りが大事。
・プロセスについての考え方、重要性を理解しプロセスの連鎖を図りたい。
・改めて復習しプロセスを理解すること。3つの視点を理解するテーマ設定を整理してみる(何をしたいのか)。
・大人数の組織の中で何か「これ」という部分を取り出すのは困難ですが、長い間たまってきた多くのプロセスを削ることの重要性を感じています。
・プロセスの連動という点において考えさせられました。また、テーマ設定という話は大変勉強となりました。
・目的あることをさせる。作業ではなく仕事をさせる。
・全体を理解することで、個人が仕事に工夫するようになる。
・価値創造(仕事の意味)のプロセスをきちんと作り出す必要性。
・一度体験し、そこからplanを使い出すのが良い。
・「人間生き方相談所」どう生きるのかを考えるというのが、今自分が感じながら毎日考えている事でしたので、少しびっくりしました。働き続ける事が本当に厳しい世の中、どう生きるかと視点を考えると少し生きやすくなる自分がいるのは事実です。このまま継続していきます。
・意思を持って提案する関係性、仕組みを作っていきたい。社内でも広めたい。
・ビジネスパートナーとした関連性を上手く保つ事を自然と考えていましたが、講座の中で聞いたパートナーのプロセスに身近に近づき、更なる関係性を作ってみたいと思いました。
・BtoBビジネスについてとても興味を持ちました。自分でもよく調べて勉強したいと思います。
・BtoBビジネスで最も必要なのは顧客との戦略共有。
・PDCAサイクルと言われておりますが、外の変化も取り入れた開放系となれるよう素直な心でお客様の声を聞ける社員になりたいと思います。環境適応能力を磨き、全体を理解できるような広い視野を持って対応していきたいと思います。
・間接部門の支援プロセス構築を実現させる。
・プロセス改善は現場であり、顧客から真の声を聞きつける仕組みを作りたい。
・支援プロセスの強化が必要と感じた。
・プロセスチャートを使い、自分の行っている業務の見直し改善。気配り、目配りを常に心がけ未然防止型を目指す。



| 2012年08月24日 Friday 10:32 AM |

<<次の記事 前の記事>>

PAGE TOP ↑

TOP

設立趣旨・概要

セミナーのご案内

NPO活動報告

NPO提携先リンク

新着情報

カテゴリー

CALENDAR

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<前月 2017年12月 次月>

ARCHIVES

管理用LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD: